メッセージ

生きる力の『根』を育てる保育園

雨や風に負けずきれいな花を咲かせ実を結ぶためには、地中に大きく根を張ることが大切です。
植物は『根』から育ちが始まり、自分の力で水分や栄養を吸い上げられるようになるまで発芽しません。
目には見えない土の中で『根』は成長しているのです。

人間の育ちを植物に例えると、保育園で過ごす乳幼児期はちょうどこの根を伸ばす時期となり、この時期に五感(視覚・聴覚・触覚・臭覚・味覚)を発達させ感性豊かなものにしていくためには人や自然と関わる体験をさせることが大切だと言われています。(「乳幼児期は五感と身体を育てる時代』広木克行(神戸大学教授)より)

銀の鈴保育園では緑や公園が多い恵まれた環境の中で、人や自然と関わる体験を食育を通して行い、
「よくあそび」「よくたべ」「よくねむる」という子供らしい生活を送ることで『生きる力の根』をしっかりと伸ばしていけるように援助していきます。

園長 佐藤 映江

保育理念

子ども達に秘められている無限の生きる力を引き出すために
子どもの主体性を大切にしながら一人ひとりに応じた保育を行い
保護者からも信頼され、周囲に愛される保育園を目指します。

保育方針

生きる力の「根」を育てる

目指す姿

自分で考えて行動できる子ども

~育てたいこと~

  • 意欲:いろいろな物事に興味を持ち、探求心を持ってよく考える子ども。
  • 心の豊かさ:豊かな感性と優しい気持ちを持って、周りに接することができる子ども。
  • たくましさ:元気に体を動かし、しなやかで強い心を持つ子ども。

保育目標

  • 健康でたくましい子
  • 情操豊かな明るい子
  • 社会性に満ちた正しい子


一つ前のページへ戻る

園の特色